2010年03月22日

SalesForceがないと実行が難しいこと

先週もご紹介したダメダメな営業マネージャー(私)の教科書
帯の裏にはこんなことが掲載されています。

御社はいくつあてはまりますか?
営業成績が上がらない組織に共通する問題

1.顧客視点で考えず、商材起点で発想している
2.「自社の仕事は特殊だ」と考える傾向がある
3.営業活動の計画がないか、あったとしてもスパンが短い
4.会議の焦点が「終わったこと」にあてられている。「これから何をすべきか」がない
5.営業の仕事を「売ること」だと思い込んでいる
6.短期の販売に意識が向いて、お客様の生涯価値で考えていない





face03以前は、1.から6.まで、読むたびにドキリ・ドキリが大きくなっていく、耳のいたーい問いかけです。

今でもすべて克服できているわけではないのですが。
SalesForceを導入していない時は、わかっちゃいるが、準備が大変!というのが、4.会議の焦点が「終わったこと」にあてられている。「これから何をすべきか」がないでした。これを実行するには、やっぱり、見たいものを見たい時に見たいカテゴリーですぐに閲覧できる情報がないと、なかなか「これから何をすべきか」そのために何を考えるべきか、そのことが、会議なり、相談の場で実現できなかったものです。

SalesForce導入後は、これが徹底できるようになりました。全体を見るときも計画を変更するときも、一社ごとのアプローチを考える時も、みんなで同じ情報を見て、先を考えることができるので、とてもよい話し合いができます。



各種ソーシャルブックマーク&RSS登録はこちら!

Posted by 営業支援システム at 00:20│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。